スイカ 西瓜 すいか

MENU

スイカ・すいかの選び方

通販で購入されるのであれば、スイカ・すいかを選びには、産地やブランド・購入するショップを選ぶことが大切ですが、実店舗で選ぶ場合の一般的な方法もご紹介します。

 

・まずつる・ツルがまだ新しくきれいなものであれば、収穫してまだ新しく、できればその方がいいです。
時間がたつとつる・ツルが萎れてかれています。ただこの状態でもおいしいものも多いです。
・まずスイカの果皮(表面)に張りがあり、縞模様のはっきりしているものがいいです。
・お尻の部分薄茶色の部分(果頂部)が小さいものがよいスイカといわれます
・音ではよしあしの判断はしにくいですが、一般的には指で叩いて「コンコン」「ポンポン」と高い音がすれば中がつまっていて、「ボンボン」と低い音であれば中に空洞ができている可能性が大きいです。おいしさや甘さについては、「つる」や「表面の縞」とのかねあいによります。ただないとは思いますが、「ボンボン」以上の低い音の場合は避けた方がいいです。

 

 

緑と黒のコントラストがハッキリとしていて、ツルとは反対側のお尻の薄茶色の部分(果頂部)が小さいものがよいスイカといわれます。ツルが茶色くなっているのは収穫してから時間が経ったものです。ツルがカットされている場合は、へたの周りが少しへこんでいるものを選ぶとよいでしょう。また音では判断しにくいですが、叩いたときに「ボンボン」という響く音がすればシャキッとしていて、「ボタボタ」と鈍い音がすれば熟れすぎです。

 

 

 

最後は、どうしても決められなければ、お店の店員さんに、「どれがいい?」「これ大丈夫?」ときくとたいてい丁寧に教えてくれるはずです。ただみるからにアルバイトの方にじゃなくて・・・

 

そして

 

 

 

 

カットスイカは種が黒く、果肉部分の赤と果皮の白色の境目がはっきりしているものがよいでしょう。

おいしいスイカ・すいか・西瓜2017の選び方をご紹介!

スポンサードリンク